共用サーバ?専用サーバ?VPS?AWS?違いは何?

スフィア新人の平田と申します!!!

今、研修も兼ねて、自社でVPSを借りてサーバーの設定を行ってます。

その中で、他にもサーバーあるけど、どういう違いがあるの?

と、ふと思ったので簡単にまとめたいと思います!

まず、サーバーってなんなの?


よくサーバー借りるとか、〇〇のサーバーが落ちたなんて

いいますが、どんなものかよくわからない人も多いかと思います

簡単に言うとパソコンです

ただし!!

普通のパソコンではなく

多くの人から24時間利用されることがあるので

高性能で、落ちることがないように構成されたものです!!

サーバーを大きく分けると4つに分けることができます

メリットデメリット

月々の料金を簡単に紹介します


共有サーバー

簡単に言うと・・

ルームシェア!

レンタル料金は、他の種類のものよりも安く借りて、使うことができます

なんと!無料で使えるものもあります

広告がついちゃいますけど・・

広告がつかなくて

安いものだと月額100円ぐらいでかりれます

ルームシェアを例えにしたように

はじめから必要なものがある程度揃ってる状態からスタートできます

なので、初期設定が楽で実際に使うのに短い時間で使用できます

ただ、みんなで一緒に使うので好き勝手にはできない・・

ルールが決められていて使えるアプリケーションも限られてしまいますね

また、一つのサーバーをみんなで使うので、

一つのサイトにアクセスが集中してたりすると

自分のサイトも重い・・・(涙)ってことになったりしますね


専有サーバー

簡単に言うと・・

一軒家!!

一つのサーバーを全部一人で使うことができます

なので、共有サーバーのように

不安定に重くなったりすることはないですね

また、一軒家!であるため、自由に色んなもの(アプリケーション)を入れることができます

デメリットは高いことです

そりゃ一つのサーバーを使うんで高いですよね・・

性能にもよりますが月々安いもので3000円高いものだと8000円ぐらいです

また、共有サーバーとは違い

一通りのものがはじめから揃っているというわけではないので

一からOSのインストールからセキュリティまでやらないといけません

VPS

簡単に言うと・・

マンション!!

一つのサーバーを一部屋一部屋マンションのように

区分けされている感じです

なので、専有サーバーと共有サーバーの中間のような立ち位置です

自分の割り当てられた部屋なので、自由度は高いです

安いもので月々600円程度で借りることができます

ただ、専有サーバーと同様に一通りのことを自分でしないといけないので

サーバーを構築し、メンテナンスできるスキルが必要になります

AWS(クラウド コンピューティング )

簡単に言うと・・4次元のマンション??

ちょっと簡単に言えないです笑

クラウドの定義がまちまちでちょっと難しいのですが、

サイズを自由自在に変えることができるマンション(VPS)といったものです

ただ、クラウドにもSaaS、PaaS、IaaSとあり、それにより自由に扱える部分が変わってきます

アクセスが集中しても自動で対応できる機能などがついていて便利です

使っただけお金を払うというサーバーになるので、

料金を安く上げることができます

ただ、使い方やdos攻撃によりものすごいお金を請求されることも・・

まとめ

4つのサーバーの違いを簡単にまとめてみました。

このサーバーが良いということではなく、

使う用途によって自分にあったサーバーがあると思います

その手助けになれば幸いです!

 

お問合せ

Contact