アビスパ福岡2019年6月感謝祭で木戸選手と写真撮影。信じること決断

アビスパ福岡木戸選手と記念撮影

アビスパ福岡2019年6月イベントで木戸選手と写真撮影し、信じることを決断

 

シルバースポンサーをしておりますアビスパ福岡さんの『夏の感謝祭2019』に参加させていただきましたので、アビスパファン方々やこのホームページを見てくださっているお取引先様や応募ご検討中の方々へ私が感じたことを3つにまとめて共有させていただきます。

アビスパ福岡感謝祭2019

アビスパ福岡感謝祭詳細

場所:ホテル日航福岡3階大宴会場。

お題:久藤監督の就任挨拶(ファビオ・ペッキア監督の退任発表)

チームは、J2から降格圏近く、その上、監督の突然の交代、暗い雰囲気かと思っていきました。

が、会場には多くのスポンサー企業の方々(200名以上)とチーム関係者の皆様でにぎわっていました。

各テーブルには、選手やスタッフの方々が、付いてくださり、チームについての話や、一緒に写真を撮ってくれたりして頂きました。

私のテーブルには、FWの木戸選手トレーナーの吉岡さんが付いて頂きました。(木戸選手との写真吉岡さんに撮っていただきました。ありがとうございます。)

木戸選手からは、力強く、『監督の交代は、ありましたが、チームの雰囲気も良く、決してこのような位置にいるチームではなく、もっと上にいるチームです。』との明るい言葉が聞けました。

途中、スポンサー企業の紹介コーナーでは、各社自社の紹介ではなく、チームを応援する熱い言葉の数々を時間いっぱい語っていました。

タイガーウッズとナイキ社

チームが、低迷している時の企業スポンサーのあるべき姿を考える時、今年マスターズで劇的な復活劇を見せてくれたタイガーウッズとナイキ社の話を思い出します。

1996年からタイガーウッズのスポンサーをナイキ社はしていました。

2009年のタイガーウッズのスキャンダル、ケガによる成績の低迷。2017年には、ナイキ社は、ゴルフクラブ、ボール、バックのビジネスから

の撤退をしました。でもタイガーウッズのスポンサーからは、撤退しませんでした。

どんな時もタイガーウッズのスポンサーであり続けました。

そして、2019年4月タイガーウッズの奇跡の復活の言葉と同時にナイキの『信じる力』この言葉は、スポーツを応援する企業にとっては、本当に重い言葉です。

信じる力

今、アビスパ福岡は、J2の22チーム中の21位です。降格圏のチームです。

シーズン中の監督交代もありました。

だからこそ、『信じる力』が必要だと思います。

私たちスフィアネットもお客様へよりいっそう貢献できるように自分たちの力を信じて行動していきます。

以上です。

引き続き、今後ともよろしくお願いいたします。

 

お問合せ

Contact