SEO対策の疑問・被リンクとは?

 

SEO対策を勉強していくと被リンクという言葉が頻繁にでてきませんか?


被リンクを増やして~
被リンクされるコンテンツを~

といろんなサイトを見ていくと書いてあります。
では被リンクとはいったいなんでしょう?

被リンクとは?

被リンクとは外部のサイトに自分のサイトのリンクが貼られることです。

つまりほかのサイトで自分のサイトを宣伝してもらっている状態です。この数を増やすということは、それだけ宣伝される場所が多くなるのでサイトを見てくれるお客様が増えることに繋がります。

メリットとデメリット

メリットは宣伝する場所が広がるのでお客様の目に触れる機会が増えること。
デメリットは悪質なサイトで被リンクを貼られると、自分のサイトの評価も連動して下がってしまうことです。

SEO対策での効果

SEO対策では被リンクの数も順位決定のアルゴリズムに含まれています。内容をこれ以上増やすのは難しい状態でも被リンクを増やすことでより上位に表示されることができます。また第三者の意見はGoogleのアルゴリズムでは評価が高く、強力な武器になることは間違いないでしょう。

外部リンクとの違い

似ている言葉で外部リンクというものがあります。
この2つの違いわかりますか?


正解は外部リンクは自分のサイト内に外部からのリンクを貼ることです。


被リンクされるサイトと外部リンクされるサイトがお互いWinWinの状態になることが、ユーザービリティに繋がるのです。

被リンクの増やし方

被リンクの重要性は理解していただけましたか?
それだけ効果のある被リンクを増やしたい経営者様はたくさんいます。
具体的な方法にはどのようなものがあるのでしょうか?

それは良質なコンテンツを作成することです。
一番シンプルな方法は良質なコンテンツを作成することがあげられます。
良質なコンテンツとは調べた人の問題を解決できるコンテンツということです。
問題を解決できるコンテンツなら、読んだ人がほかの人に教えてあげたくなり自然と被リンクを増やすことができます。

ユーザーのことを第一に考えたコンテンツをつくることに全力投球するのです

被リンクの数があっても上がらないのはなぜ?

経営者様の中にはとにかくいろんなところに被リンクを貼りまくったのにまったく順位が上がらないサイトもあります。


その原因は被リンクが貼られているサイトが悪いからです。被リンクが貼られているサイトもGoogleの評価対象になりますが、そのサイトが中身のないスカスカのサイトだったとすると当然Googleのアルゴリズムは自作自演と判断して、サイトの評価を下げます。被リンクとは一蓮托生なのです。

どちらかがいいサイトであればいいわけではありません。どちらもいいサイトと判断されて初めて良い被リンクとなるのです。


被リンクは量より質と覚えておきましょう。

まとめ

SEO対策で重要視される被リンク。

被リンクを増やすためには、ユーザーのことを考えた高品質なコンテンツを作るのです。そしてそれをユーザーに宣伝してもらい、情報を拡散しましょう。そうして被リンクをどんどん増やしていくことがSEO対策では重要であり、上位に表示されるポイントになります。

自分だけではできないとお考えのあなたにはスフィアネットのお問い合わせへクリックすることをおすすめします。

SERVICE

COMPANY

RECRUIT

OTHER