The following two tabs change content below.
福岡生まれ福岡育ち。趣味はアニメ鑑賞と読書。20歳で金融の仕事を辞めてIT業界へ転職。英語ができなさすぎて営業へジョブチェンジ。日々レベルアップしてレベル99になるのを目指している…

SEO対策に効果的と言われる、被リンクですが調べてもよくわからないということはありませんか?被リンクを増やそうと思っても、具体的にどう増やせばいいのか、被リンクを増やしたらSEO対策の効果はほんとにでるのかについて書かれているWEBサイトの記事は、少ないです。逆に危険な被リンクの集め方を書いた効果のない被リンクを増やすスパム業者の記事はたくさんあります。

SEO専門会社としてホームページやWEBサイトの相談でよく、

  • 被リンクとは?
  • 被リンクはSEO対策に意味があるのか?
  • 被リンクの集め方は?

以上のような3つの質問をいただきます。今回の記事では、福岡のSEO対策専門企業でお客様の被リンクの増やし方を常に考えている私が、

  • 被リンクとは
  • 被リンクのSEO対策への効果について
  • 被リンクを増やす方法

について解説していきます!

この記事を読めば、効果のない被リンクを増やすスパム業者にだまされず本質的なSEO対策の被リンクを増やす方法を知ることができます。簡単に被リンクを増やそうとして、Googleからペナルティ(WEBサイトの順位を落とされる)を受ける前に正しい被リンクの増やす方法を身につけてください。

それではさっそくやり方について解説していきましょう!

※この記事は5分ほどで読めます。

被リンクとは?

「被リンクとは外部のサイトに自分のWEBサイトのリンクが貼られることです。」

これは被リンクについての記事でよくある結論です。これを読んでわかる人がどれくらいるんでしょうか?

私が被リンクを一言で説明するとしたら、「他の人からの紹介」です。

たとえば、あなたが本屋に行ったとします。

そのときに友達が読んで面白かったとおすすめされた本を購入すると、それは被リンク(友達の口コミ)で購入した商品ということになります。

ほかにも、あなたがもし飲み物を売っているメーカ企業(某首の長い動物の名前)だとしたら、置いてある店舗(コンビニやスーパー)やオフィスビルに入っている自動販売機が被リンクになります。

SEO対策での被リンクの効果

被リンクは、ほかの人のサイトで自分のWEBサイトを宣伝してもらっている状態です。被リンクを増やすということは、それだけ宣伝される場所が多くなるので自分のWEBサイトへ流入してくるユーザーが増えることに繋がります。WEBサイトへの流入数は、検索順位を決める一つの基準でもあります。

さらに、被リンクの数も検索順位決定の基準になります。被リンクを増やすことはGoogleのスターターガイドでも推奨されています。コンテンツをこれ以上増やすのは難しい状態でも、被リンクを増やすことでより上位に表示されることもありました。

以上の理由から、SEO対策での被リンクの効果はあると言えます。そこで次はSEO対策で効果がある被リンクを今すぐ増やしたい方に向けて、SEO専門企業が実際に行っている被リンクの3つの獲得方法をご紹介します。

※自分のWEBサイトの被リンク数を調べたい方には、被リンクチェックツールがあります。その中でもUbersuggestという無料で使えるツールをこちらの「Ubersuggestの使い方・見方を徹底解説!無料版」の記事で紹介していますのでぜひご覧ください。

被リンクの3つの獲得方法

ここでは具体的な被リンクの3つの獲得方法をご紹介します。

①WEBメディアに取材(インタビュー)依頼

WEBメディアとは、情報を発信しているWEBサイトのことです。

たとえば、Gunosyや日経電子版、Newspicksなどがドメインパワーが強いWEBメディアになります。このWEBメディアを運営をしている会社に取材(インタビュー)を依頼することで被リンクを獲得することができます。WEBメディアには、それぞれ一定数の愛読者がいるので一気にWEBサイトへの流入数を増やすことができる可能性があります。

②ポータルサイトに登録する

ここでのポータルサイトとは、一つの分野に特化して複数のWEBサイトを紹介しているまとめサイトのことです。

たとえば、にほんブログ村やはてなブログ、賃貸住宅だとSUUMO、見積もり依頼だとアイミツなどがあります。あなたのWEBサイトがドメインパワーの強いポータルサイトから被リンクを獲得する(紹介される)ことで、Google上での検索順位で上位表示される可能性が上がり、あなたのWEBサイトへの流入数が増える確率が上がります。その結果、あなたのWEBサイトへ流入数が増えるのであなたの商品を販売できる頻度を増やすことができます。

③SNSで拡散する

SNSとは、自分で情報発信できる媒体のことです。

たとえば、Twitter、Instagram、Facebook、ピンタレストなどが代表的です。自分で簡単に被リンクを獲得できる方法は、あなたのWEBサイトのリンクを他の人がSNSで貼って投稿してもらうことです。良質な被リンクを獲得するには、いいねの数が多い人に投稿してもらうことがポイントです。

以上が被リンクの3つの獲得方法でした。この獲得方法を実践して被リンクを増やしたことで、問い合わせが前年度から数十倍に増えた事例もありますので、ぜひ実践してみてください。

効果のない被リンクの集め方

結論から言うと、効果のない被リンクを集めることほど無駄なことはありません。

その理由は、Googleからペナルティを受けるからです。

例えるなら、あなたがAmazonで商品を販売しようとします。するとレビューを増やせると集客専門の会社が声をかけてきました。そこに依頼してレビューを増やしたことで売上が上がりましたが、そのレビューはサクラだったことがわかったとAmazonから連絡がありました。その2日後あなたはAmazonからペナルティを受けて、出店することができなくなりました。Googleの被リンクを集めるときも一緒です。嘘(サクラ)のレビューや集客をするとペナルティを受けます。

具体的には以下の2つにお気をつけください。

  • 効果のない被リンクを購入しない
  • 被リンクを自作自演しない

以上が効果のない被リンクの集め方でした。ここで紹介した方法で被リンクを集めると、Googleのアップデート時やクロールのタイミングでペナルティを受けます。

Googleのペナルティを受けるとサイトの順位が圏外に落ちる、アカウントが凍結するなど今までの頑張りがすべて水の泡になるような悲惨な状況になります。Googleのペナルティを解除する方法もありますが、高額な料金が発生します。

そんな状況に陥らないためには、SEO対策会社を見分ける必要があります。悪質なSEO業者の見分け方を知りたい方はこちらの「SEO業者の選び方!悪質コンサルや詐欺会社と契約しない3つの方法」をご覧ください。

さいごに

いかがでしたでしょうか?

まとめると

  • 被リンクとは→他の人からの紹介
  • 被リンクのSEO対策への効果について→SEO対策の効果があります
  • 被リンクの増やす方法→①WEBメディアに取材してもらう②ポータルサイトに登録する③SNSで拡散する

ということでSEO対策で被リンクは効果があるので、増やしましょうというのが結論でした。

被リンクについての情報をもっと知りたい方や自分で調べる時間がない方には、今だけ無料相談を受け付けております。お気軽にご相談ください。

お問い合わせ