面接で好印象に感じるSEの転職理由とは

 

面接で好印象に感じるSEの転職理由とは

 

今転職活動をしているSEさんで転職理由について悩む方は多いのではないでしょうか?

面接で全てを正直に答えていると自分の首を絞めることになりかねません。

かといって上辺だけではちゃんと伝わらないという側面もある。

こうした状態で板挟みになると

 

“結局何を言えばいいのか!?”

 

という状態に陥ってしまいます。

 

そこでこの記事では実際に弊社で採用を担当するエンジニアや採用担当が感じた

 

面接で印象が良くなる転職理由

 

お伝えしていきます。

 

そもそも面接官はどう思っているのか

まずみなさんは転職理由を考える時、何を基準としていますか?

ほとんどの方が自分の経験を基準にして転職理由を考えるのではないでしょうか?

まずあなたが何を基準としているかみつめてみましょう。

そして一度この基準を面接する人の立場で考えてみることをおススメします。

 

どういう事かというと

自分基準で退職理由を考えると無意識に自分へメリットがあるよう物事を考えてしまう可能性があります。

会社に入れば給与は頂けますがその分会社に利益を出さないと会社はいつかなくなります。

以下に自分基準の転職理由例を示しながら解説していきます。

 

例)自分基準の転職理由

・転職理由は自分のキャリアアップのため新しい事に挑戦したいと思ったからです。

 

もしみなさんが企業経営する立場だとしてこの転職理由を聞いたらどう感じるでしょうか?

この転職理由の文言からは何を会社にしてくれるかがわかりません。

自分がどうなりたいかのみを伝えようとしています。

見方次第では自分の事しか考えない人と判断されてしまうかもしれません。

このようにパッと見た感じではポジティブに感じる転職理由でもマイナスに捉えられる可能性があるのです。

 

それではどのような転職理由を面接官に伝えることでよりいい印象になると思いますか?

そのヒントが面接官基準で考える事です。

この面接官基準というのは嘘をついて相手の機嫌を取るということではありません。

自分の経験から感じた事を相手の役に立つよう伝えるということです。

以下に面接官基準の転職理由例を示しながら解説します

 

例)面接官基準の転職理由

・転職理由は現在の就業場所では生産性が悪い古いやり方を踏襲しており、だらだら残業している人のほうが残業代を稼げている状況に危機感を抱いたからです。この状況を改善するため上司へ提言を何度か行いましたが話を聞いてもらうことは叶いませんでした。そのためより顧客の生産性を上げるため私が考える改善と同じマインドを持つ企業にて貢献したいと考えています。

 

自分基準と面接官基準で比較した時あなたはどんな違いを見出せたでしょうか。

後者の面接官基準でもポジティブな内容は共通しています。

ですが決定的に違う部分があります。

それは

自分で課題を見つけ解決のために動き、その結果違う場所で自分のスキルを役たてたい

という部分が明示されています。

 

なぜ転職するに至ったかという理由が明確だと面接官にいい印象を与える確率は上がります。

次の項目では弊社の採用に関わるエンジニアに印象がよくなる転職理由を聞いた結果を公開します!

 

面接官がポジティブに感じる転職理由(志望動機)

  • 効率が悪い、理不尽な経営方針と思い、かつそれを自力では改善できないと思ったため。
  • 自分のやりたいこと(技術やら分野やら)がやれない、会社から言われたことしかさせてもらえないため。
  • いろいろな現場で知識を増やしていきたい。(勤務地移動、不定期に職場が変わるが苦でない人)
  • PGだけでなく、SEになりたい。
  • 何かに挑戦していた。(留学とか、旅行とか、海外青年協力隊員とか、起業とか)
  • iターンやuターン

という答えとなっています。

 

次に印象が良くなる志望動機について聞いたので特別に公開いたします

 

  • 自分のやりたいこと(技術やら分野やら)がやれそうだと思ったから
  • 具体的に何故志望する会社ならやれそうと思ったかの理由もあるといい
  • やりたいことについて、こういう技術でこういうことがしたいという理想と、それを実現するための根拠(計画とか今までの実績とか)
  • 自分の頑張り次第で給与UPが望めると信じる人
  • 自己分析ができていて、自分の強みとスフィアの強みがマッチしている
  • スキルや経験があって、活かしたい
  • アプリやサービスなど、自社製品開発に関するアイディアと意欲がある
  • 小さい会社を大企業にする

転職理由(志望動機)は伝えたい相手から逆算して考えてみる

 

いかがだったでしょうか。

あなたが求める転職理由のヒントはあったでしょうか。

 

転職は人生の一大イベントです。

だからこそなぜ転職するのかという根幹の部分を面接官は探ります。

そのためこの”なぜ転職するのか”にすぐに答えられないという方には自己分析することをオススメします。

自己分析については以下リンクの記事に詳細を明記しています。

 

合同企業説明会(福岡)2019へ行く中途転職者へ採用担当の本音

 

また会社を続けながら転職活動をするのか会社を辞めてから転職活動をするかという部分についても以下リンクの記事にて記載しています。

 

転職に悩むあなたへ・・・経験者が感じた転職の落とし穴

 

面接官の本音はマッチする方と長く働きたいに尽きます。

※企業ごとにマッチする部分の基準は異なります。

そんな面接官の本音とあなたが希望することをすり合わせて転職理由を今一度考えてみてください。

あなたの転職活動が良いものになる事を心より願っています。

 

また転職に悩んでいるという20代SEの方は以下をクリックして一度悩みを伝えてみませんか。

我々が貢献できることがあるかもしれません。

お問い合わせ

 

 

 

SERVICE

COMPANY

RECRUIT

OTHER