【閲覧注意】SEの転職について採用側が語る年齢の真実とは…

 

【閲覧注意】SEの転職について採用側が語る年齢の真実とは…

 

今転職を考えるSE(システムエンジニア)のあなたは何歳ですか?

20代ですか?それとも30代ですか?または40・50代でしょうか?

 

年齢はいくつであれ一度は思ったことがないでしょうか?

 

採用する側は年齢のことをどう考えているのか

 

 

今回は採用する側が考えているSE転職における年齢のホンネや考えをみなさんへお伝えします。

 

但しこの記事は本気で転職を考えている人以外読まないで下さい

ネットの情報を鵜呑みにして転職先を決めようとしている方は特に。

当記事では統計もグラフも出てきません。

そして読む人にとっては気分を悪くする内容を含んでいます。

 

それでも構わないという方は覚悟してお読みください。

 

 

1.採用側が考えるSE転職年齢の事実

 

結論から言います。

 

年齢は関係ありません”。

 

あなたは転職をする際の年齢についてどうお考えですか?

ネットでは35歳以上になると転職が難しくなるとの見解が多く見られます。

もちろん世の中の情報を見た時に参考になるものはあります。

ですがそもそも年齢を基準に転職を考える理由はなんでしょうか?

一度こう考えてみませんか

 

本当に年齢が問題なのか

 

もし年齢以外の部分に何かしらの強みとなるスキルがあると認識は変わるのではないでしょうか。

年齢以外であなたの強みとなる今のスキルは何でしょうか?

 

実は転職時、年齢が関係なくなる3つのスキルが存在します。

それは

 

  • コミュニケーションスキル
  • 数字からの逆算スキル
  • マネジメントスキル

 

です。

この3つのスキルがあれば何歳になっても採用してくれる企業はあるでしょう。

それこそ70歳であっても。

 

ですがこの事実だけを知ってもどう行動するのかわかりづらいと思います。

 

そこで次の項目であなたの転職する理由を掘り下げ、そもそもの目的を明確にしていきましょう。

 

2.そもそもなぜ転職するのか?

あなたはなぜSE・転職・年齢・社内という言葉をグーグルに打ち込んだのでしょうか?

転職することで自身のどんな問題を解決したいのでしょうか?

そして結果どうなりたいですか

 

恐らく給料を上げたい・人間関係を変えたいといった現状に不満を持っている

から転職という方は多いかもしれません。

 

しかしながら上記のような理由のみで転職を行うと危険です。

なぜなら

自分がどうしたいかしか考えていない

からです。

 

考えてみましょう。

給料を払ってくれているのは誰でしょうか?

会社です。

けれども本当に給料を払ってくれている人は誰ですか?

 

それは顧客です。

 

会社はお金を扱っているだけです

本当に給与を払っているのは顧客です。

 

あなたは自分のことだけを考えている人にお金を払いたくなるでしょうか?

相応の理由がないとお金を出さない人がほとんどでしょう。

 

何かをして頂くことでお金を払う。

ではあなたが何かをしてお金を頂く立場として、どんな価値を顧客へ届けていますか?

お金を頂くに値する熱量でお仕事されているでしょうか?

 

実のところ

人は自分がしてもらうための欲は強いけど、自分が誰かにしてあげるための欲は低い

と考えられるということです。

 

だからこそ自分が転職を通してどうなりたいかを考える必要があるのです。

どうなりたいかが見えれば後は逆算するだけなので行動がしやすくなります。

 

自分次第で全て変わります。

人と比較せず自分がどうなりたいか・どうしていきたいかを明確にしてみませんか?

 

ちなみに以下リンク内容に自己分析や転職リスクの詳細を記載しています。

 

合同企業説明会(福岡)2019へ行く中途転職者へ採用担当の本音

 

参考にされてみて下さい

 

3.騙されないで下さい

 

IT業界といっても様々な働き方が存在します。

その中でSESという働き方が大半を占めています。

このIT業界での働き方を分析せず転職をしてしまうと想像と違う職場で働くことになりかねません

 

あなたの目的はなんでしょうか?

なんのために転職するのでしょうか?

 

目的を明確に持つことで見える視点は間違いなく変わってきます。

 

ビジネスは弱肉強食の世界です。

いかに利益を出すかが結論です。

自分の目的がはっきりしていると目の前の出来事に対して対処しやすくなります。

 

上辺の情報だけでなく裏に隠されている真意を考えてみる事オススメします。

 

最後に自動車会社フォード・モーターを創業した

ヘンリーフォードの名言を2つ紹介して終わりましょう。

 

みなさんの未来がより明るくなる事を心より願っています。

 

”あら探しをするより

改善策を見つけよ。

不平不満など誰でも言える。

 

”賃金を払うのは雇い主ではない。

雇い主は、ただ金を扱っているだけ。

賃金を払うのは顧客である。”

 

採用やSEOに関するご相談は以下画像をクリックしてお気軽にお問合せ下さい。

お問い合わせ

SERVICE

COMPANY

RECRUIT

OTHER