前節の悪夢を払拭するべく、快晴の天候に恵まれたレベルファイブスタジアムのJ2第17節カマタマーレ讃岐戦に行ってきました!

カマタマーレ讃岐のホーム香川県の名物は「讃岐うどん」、対して「うどん発祥の地」という説がある博多も「うどん」で負けていません。
というわけで勝手に「うどんダービー」、福岡 vs 讃岐 の対戦です。ちなみに私は、コシがなくてやわらかい博多のうどんが好きです(笑)

まずは試合前に、U-20ワールドカップで日本代表として戦った冨安選手が大会の報告を行ってくれました。
惜しくも決勝トーナメント1回戦でベネズエラに延長戦の末敗れたU-20日本代表。
冨安選手はDFの要としてがんばっていましたが勝ち上がることはできませんでした。
しかし、今大会の経験を踏まえ、井原監督に続く「新アジアの壁」として更に上のカテゴリで活躍してくれることを期待しています!!

さて、前節は最下位ザスパクサツ群馬に不覚をとったアビスパ福岡ですが、前回の反省点は見事に修正されていました。

まずは前半4分、左サイド三門選手からのパスをエースのウェリントン選手が左足ボレーで決めて先制!

更に前半12分、坂田選手のクロスを右サイドのジウシーニョ選手が中央へ折り返し、走り込んだ山瀬選手が2点目のゴール!

前半の18分に、自陣ペナルティエリア内で「なんか厳しすぎない!?」というハンドの判定を受けPKで1点返されてしまいます。

それでも前節のようにズルズルと失点することはなく、前半28分、亀川選手のロングスローのこぼれ球を實藤選手がシュートし、相手GKがはじいたところを岩下選手が押し込んでアビスパ福岡移籍後初ゴールの3点目を決めました。

後半はチャンスを活かせず追加点は奪えませんでしたが、守備では全員がハードワークで集中力を切らさず耐え抜きました。
強烈なシュートを至近距離から顔面で受け、目の辺りから出血して負傷交代したGK杉山選手の状態は心配ですが、決められれば流れが変わったかもしれない場面での体を張ったビッグセーブでした。

チーム全体の勝利への強い意識と素晴らしい連携を随所に見せた試合は、3-1で勝利をおさめました!!

試合前には、6月17日に沖縄でのAKB48選抜総選挙を控える「HKT48」のメンバーがアビスパ福岡の応援に駆けつけてくれました。
ちなみにネットの情報ですが、HKT48がゲストで来た試合は今日の勝利を含め4勝1敗とのことです。勝利の女神!!
何なら毎月1回は来てくれないでしょうか(笑)

また、ハーフタイムにはゲッターズ飯田さんがアビー砲を打ちまくっていました。
いつもは勢いが弱いアビー砲ですが、ゲッターズ飯田さんが発射するアビー砲には勢いがありました。
きっと開運のパワーを与える力が飯田さんにはあるのだと思います!

そしてアビスパ福岡にも、今日のアビー砲と同じように、J2で勝ち進んでいくパワーを授けてくれたはずです(笑)