6試合未勝利の長いトンネルを抜け、アウェイ岐阜で勝ち点3を奪取して、9月9日振りにホームレベスタに帰ってきました!

そして、今節の相手は関門海峡を挟んでお隣さんのレノファ山口です。
多くのレノファサポーターも駆けつけていました。

3週間振りのレベスタでまず驚いたのは、「ピッチの芝が枯れてるな〜(泣)」ということ・・・。

ちょうど夏芝と冬芝の入れ替わりの時期でシーズンも終盤、2017年も終わりが近づいているんだなぁと寂しさを感じます。

さて、試合の方はというとスタメンを見て「おっ!?」と思いました。
2試合の出場停止開けで帰ってくるはずのウェリントン選手の名前が先発メンバーにありません。
「リザーブには入っているけど、ケガか?」試合開始前から不安がよぎります。

ウォーミングアップでピッチに登場した選手たち。
リザーブ組でアップするウェリントン選手を初めて見ましたが、いつもより長い時間近くで見れてうれしいです(笑)

試合開始前に、松田選手のJリーグ通算100試合出場の表彰が行われました。

花束贈呈では、松田選手の奥様と8月に生まれたばかりのご長男を拝見できました(^o^)

この試合のシステムは最近は見なかった3-5-2です。
DFは、冨安選手、岩下選手の神7メンバーに、久しぶり先発の堤選手。

MFは、駒野選手、亀川選手の両サイドに、ウォン選手、山瀬選手のダブルボランチ、三門選手はボランチの前で相手にプレッシャーを掛け続けます。
FWは、仲川選手と松田選手のツートップです。

試合は前半15分、素早い飛び出しで独走をしかけた仲川選手がペナルティエリア内で背後から倒されPKを得ると、これを山瀬選手が落ち着いて左隅に決めて先制!

ゴール後は、この日初観戦(笑)の松田選手の息子くんへゆりかごダンスのプレゼントです。
(後日、9/28に誕生した末吉選手のご長男へのゆりかごダンスと判明(笑)※松田選手ご長男には第29節名古屋戦でお祝いされました。)

更に、前半18分には、三門選手のスルーパスを駆け上がった亀川選手が直接早いクロスで折り返し、松田選手が頭で合わせて追加点を決めました。

松田選手の息子くん、初レベスタでパパのゴールを呼び込むなんて持ってます!!!

後半8分にウェリントン選手を投入。
ポストプレーは相変わらず強いですが、この日のウェリントン選手は更にひと味違います(笑)

ウェリントン選手が競り勝ったボールを他の選手が中々拾えなかったこれまでに比べ、今節のウェリントン選手には余裕がありました。
ゆっくりとボールの落下点にポジションを取ると近くの味方選手を見つけて胸で優しくパスする場面が数多く見られました。
ポストプレーでボールが繋がるので攻撃に厚みが出ます。

今までの強靭だけど、どこかイライラしてプレーが粗くなるウェリントン選手は封印され、ハードワークをこなしながら、冷静で、俺が俺がにならず、周りの選手をどう活かそうか考えてるNEWウェリントンとして帰って来てくれました!

追加点こそ奪えませんでしたが、仲川選手がキーパーを交わしてシュートを打つも僅かに枠を外れる場面や、相手のバックパスをウェリントン選手が追いかけキーパーの頭上を越えるループシュートでポストを叩くなど、数々のチャンスは作っていました。
自動昇格を勝ち取るためには、こういったチャンスを決めていく勝負強さは必要ですが、久しぶりにホームで勝利への気持ちを前面に出したプレーを選手全員が見せてくれたように感じます!

長崎が引き分け、勝ち点1差ながら再び2位に順位を上げました。

松田選手も言っていましたが、残り試合を全て勝って自動昇格を勝ち取ってほしいです!!