2018/03/17(土) 14:00 Kick Off 観客数:7,189

2018明治安田生命J2リーグ第4節 ホーム・レベルファイブスタジアム ヴァンフォーレ甲府戦

前節アウェー金沢戦は、鈴木惇選手がミドルシュートを決めて0-1で勝利したアビスパ福岡

敵地で勝ち点3をあげて戻ってきたレベスタは春の陽気で快晴に恵まれました。ただ少し肌寒かったです。

対戦相手のヴァンフォーレ甲府からレンタル移籍のドゥドゥ選手は、契約上の都合で出場できません。

本日のスターティングフォーメーションは3-4-3です。
ドゥドゥ選手の位置には、森本選手が先発出場しました。

ゲームキャプテンは實藤選手です。

開幕戦から好調をキープしている石津選手。

今ではアビスパ福岡のボランチとして欠かせないウォン選手ですが、接触プレーで足首を痛め前半16分で交代しました。

ウォン選手に変わって入ったのは山瀬選手です。中盤に落ち着きと安定感をもたらしました。

やや甲府の支配率が上回る中、決定期は福岡の方が多く何度もゴールに迫りましたが前半は0-0で折り返しました。

ハーフタイム恒例のアビー砲。昨シーズンの終盤頃から飛距離が出るようになってきました。
見事キャッチした成人男性を見て、私の後ろにいた小学生の男の子が「大人げない・・・」と言っていました(笑)

今シーズンは右利きの駒野選手、左利きの鈴木惇選手とプレースキックにバリエーションが増えました。

後半23分にトゥーリオ デ メロ選手が投入されました。
長身を生かしたポストプレーと惜しいヘディングシュートもありましたが得点は奪えませんでした。

甲府の外国人ツートップに得点を許し、0-2で敗れました。

リーグ第4節、ホームゲーム3試合で1勝1敗1分です。
ホームゲームで勝てない昨シーズンの状況にはならないように、「感動と勝ちにこだわる」もっとガムシャラに力を発揮してください。

サポーター歴18年の「円盤人(えんばんじん)」さんが描いた選手のイラストが展示されました。
アビスパ愛のこもった素敵なイラストの数々です。素敵ですね!!