WEB学校福岡校 ★FITセミナールーム★無料★30名★2017年1月21日開催報告。

今回のWEB学校セミナータイトルは、【Wordpressを駆逐!?国産CMS「OWLet」の秘密をすべて公開】でした。

Webサイトを運営管理するのに必要なITツールCMS(コンテンツマネンジメントシステム)。

コンテンツマネンジメントシステムとは?

webgakkou3n

青山氏が専門用語を使わずに、わかりやすく解説。

CMSとは、WEBサイトを管理・運用できるシステムのことです。

※今やIT業界のエンジニアにとっては、知らないと恥ずかしいITツールとなりつつあります。逆に知っている方は、ホッとしてください。

ITクリエイティブ系業界は、そんなCMS時代なのに、CMSがわからないことでうまく時代に乗れず非効率な仕事環境で苦労している中小企業がいます。

さらに、IT業界以外のITが活用できてないことで損失をしている企業がたくさん存在します。

最近では、【情報格差】ということばをよく耳にします。

英語で、デジタルデバイド(カタカナでしたね 笑)。

新しい情報を知っている人と、今までの情報で頑張っている人の収入の差。

IT企業の中にも目まぐるしい変化に、いまさら恥ずかしくて学ばざるを得ない、追い込まれている企業(ダーウィンの進化論でいう進化できなかった生き物)がいるのも実情ではないでしょうか。

WEB学校2」

そのような危機感からくる向上心を持たれているWeb運用担当者様、Web制作会社の関係者様にとって、最も適したCMSを目指して開発、進化を繰り返しているのが「オーサリングツール、OWLET(アウレット)」です。

このCMSは管理更新にとどまらず、Webサイトの本当の目的を達成するために作られた新しいWEB運営の仕方を学べて、明日から、今から使えると感じておりました。

WEB学校20171

次回は、
【日時】
2/24(金)19:30~21:30 WEB学校福岡校
2/25(土)11:00~12:30 OWLet/a-STARセミナー
3/17(金)19:30~21:30 WEB学校福岡校
3/18(土)11:00~12:30 OWLet/a-STARセミナー
もしご参加いただく方は、次回までに、

あなたのWEBサイトの目的。

あなたがWEBサイトを管理更新する目的。

この2つの目的を紙に書いてご来場いただくことをお勧めいたします。

目的までの近道を知っているあなたと、知らないあなたとの差は、将来のあなたの結果にどんな影響を与えるのか?

その結果は、家族や会社や経済面などにどんな影響を与えるでしょうか?

2017年のキーワードは、【DIGITAL DIVIDE】。

楽しみですね~。

【会場】
〒810-0041
福岡県福岡市博多区博多駅東1-9-11 2F
株式会社福岡情報技術研究所セミナールーム

【定員】
30名まで

【参加費】
無料

【お申込み方法】
・Facebookイベント参加ボタン

【対象】
ECサイトオーナー
Webサイトオーナー
企業のWeb担当者
Web制作に携わる方(ディレクター・デザイナー・コーダー)
Web制作に興味がある方

【講師紹介】
株式会社ガーディアン(http://guardian.jpn.com/
取締役 青山 裕一氏

マーケター、ディレクターとして活躍。
東京でWEB学校を主催。

生産効率を突き詰めたモノづくりとディレクション、人材マネジメントを武器にWEB制作に携わり、構築したサイト数は4,500サイト以上。
独自のマーケティング理論やSEOによる集客、CVRノウハウを駆使し、数々のWEBサイトを成功へと導いてきた経営者です。

また、同社が独自に開発したCMS、純国産最強WEBオーサリングツール「OWLet(アウレット)」。
従来のCMSの概念を大きく上回る性能を誇り、過去5年で1,500に迫るサイトを構築してきた最強のCMSです。
その生産性は非常に高く、およそ1/3の工数でサイト構築も可能です。

※WEB学校とは
株式会社ガーディアンが開催しているWEBの勉強会です。
参加者は企業のWEB担当の方や、経営者の方、WEB制作のプロから大学教授まで。様々な職業の方が参加しています。
WEB集客、CVRのアップ手法、自分で出来るSEO、SNSの本当の使い方など。
普遍的なテーマから時事ネタまで、テーマを変えつつWEBに関わるお話を来てくださった皆さんへお伝えするのが「WEB学校」です。

株式会社ガーディアン:http://guardian.jpn.com/
純国産最強Webオーサリングツール「OWLet」:http://OWLet.guide/

【主催】株式会社福岡情報技術研究所(略称:FIT)
https://fukuoka-it.co.jp/
【共催】株式会社ガーディアン(http://guardian.jpn.com/