どんな会社が有料SEO相談を受けてますか?

有料SEO相談の費用はいくらですか?

有料SEO相談の効果を教えてください。

相談をしないデメリットを教えてください。

無料相談との違いを教えてください。

以上のご質問をよくいただきます。今回は有料SEO診断サービスご紹介をします。

SEO診断サービス詳細

どんな会社が有料SEO診断を受けている?

有料診断を受けている企業様はSEO専任者がいない企業様が多いです。

具体的には以下の3タイプに分かれます。

ECメディアを検討中の通販会社(中小企業)

自社のSEOの問題点が定まらず、集客・営業計画の立案に行き詰り、「ホームページのSEOの問題点を洗い出して資料にまとめてほしい」と、ご依頼いただくことが多いです。

BtoC向け高単価商品を取扱う中小企業

ホームページからの問合せ数に不満を持たれている企業様から「なぜ問合せ数・アクセス数が増えないのか?SEOの問題点を突き止めたい」とご依頼いただくことも多いです。

BtoB向け高単価商品を取扱う中小企業

全国に販路拡大するにあたって制作会社の提案に不満があり、セカンドオピニオンのように弊社へご相談いただくこともあります。web専任者が退職し後任が採用できず、ご依頼いただく企業様も多いです。

SEO対策のコンサル事例

※参考までに有料SEO相談を受けている企業様の事例はこちら

SEO診断の費用はいくら?

有料SEO診断の費用は、税込6.6万円(60分×60分2回)となります。

SEO対策相談依頼

お支払い方法は、ショッピングカートからヒアリングシートをご購入いただきます。

その後、弊社から有料SEO診断1回目の日時調整のご連絡をして予約日にヒアリングを行い、問題点をレポートにまとめて、2回目に診断結果と改善策のご提案を提案書付きで実施します。

有料SEO診断のお支払いの流れ

診断を受ける効果とは?

有料SEO診断を受けると、ホームページの問題点がレポートで見える化され、社内で問題点を共有し、改善策を早く確実に反映できるため、検索順位の向上アクセス数の増加問合せ数売上UPという効果を発揮します。

参考までにお取引先様のアクセス数が増加していく事例を下のグラフでご確認ください。

有料SEO相談の効果・メリット

有料診断を受けないデメリット

有料診断を受けないデメリットは、販売不振による倒産かもしれません。倒産企業の「77%は販売不振」が理由という帝国データバンクの2019年調査結果を参考までにご確認ください。

SEO相談依頼の理由

時々ですが有料SEO診断を検討中に連絡がとれなくなり、数カ月して倒産していたという悲しい情報を耳にします。

ウェブ集客の不調を感じても、すぐにウェブ集客の専門家へ相談へ行かない場合、販売不振が悪化して倒産するデメリットがあるかもしれません。

無料相談と有料相談の違い

無料診断と有料診断の違い3つあります。

レポートの有・無

無料診断はレポートが無し口頭で診断結果をお伝えします。

相談時間の長さ

無料相談の時間は30分に対して、有料相談はヒアリング60分×ご提案60分の合計2回120分(ヒアリングシートと提案書類付き)です。

提案書の有・無

無料相談は提案書は無し口頭でコンサルタントが「SEOの知見をお伝え」します。有料相談は提案書が有ります。

SEO診断の有料と無料の違い

有料SEO診断の流れ

SEO有料相談の流れ

有料SEO相談のご予約はショッピングカートからお手続きをお願いいたします。

申込完了後に弊社担当よりメールにてヒアリング日時の日程調整に関してご連絡させていただきます。

御社が抱える課題にとって有料相談と無料相談のどちらが確実に早く解決できる手段となるのか?この機会に是非1度ご検討されることをオススメいたします。

SEO対策相談依頼