メンタルについて悩む転職を考える27歳のPG(プログラマー)なあなたへ

 

  • 今の仕事に悶々としている
  • 誰かに相談することに抵抗がある
  • しかし何か一歩を踏み出すのが怖い

 

とそんなメンタルが下向きなPG(プログラマー)なあなた

 

あなたは自分のメンタルを強いと思いますか?弱いと思いますか?

ここで強いと思った方にとってこの記事はお役に立てません。

他のサイトでのメンタル情報収集が有意義ですので今すぐブラウザ左上の戻るをクリック!

ちなみに現在の転職活動でお金について不安もあるという方は以下リンクをクリック!

SE(システムエンジニア)な27歳のあなたへ会社を辞めた後の生活費把握してます?

 

 

豆腐メンタルな自分に悩んでいる!?

あなたはメンタルをどうしたいと思っていますか?

おそらく弱くしたいと思っている方はこの記事へはたどり着いてないと思います。

 

今の状況で不安を感じ転職を意識したものメンタルがついていかない。

 

そんなあなたにおススメしたいのが自己分析

一旦自分のことをしっかり見つめてみませんか。

 

自己分析に関しては以下の記事にて詳しく記載しています。

合同企業説明会(福岡)2019へ行く中途転職者へ採用担当の本音

 

自己分析できたらIT業界で求められるメンタルについて把握していきましょう。

 

IT業界ではどんなメンタルが必要?

結論から言います。

それはものすっげー強いメンタルです笑

は!?という感じですが事実なのです。

 

そのため豆腐メンタルを本気で変える気がない方は今いる場所にいた方がいいでしょう。

 

ツライですね。

 

ではそもそもIT業界という場ではなぜ強いメンタルが求められるのでしょうか?

 

以下リンクをクリックして確認しましょう!

IT業界で働くためには強いメンタルが必要!? 採用担当者のホンネ

 

上記の記事ではIT業界の特徴を以下のように述べています。

 

  • 仕事量が多い
  • 突発的な問題が起きやすい
  • パソコン作業は体に負担が大きい
  • 仕事を失敗すると責任が重い

 

IT業界を経験されている方にとっては

“あるある~”

となっているでしょう。

 

世間で言われるワークライフバランスとは相反する特徴を持っている事がわかります。

 

また以下の性質の人はメンタルを壊しやすい可能性が高いと

  • さぼることを良しとしない四角四面な性質を持つ
  • まじめで責任感が強く思い詰めやすい
  • 「できない」と言えない負けず嫌い

 

あなたの性質はどうですか?

もし上記にあてはまるのであればIT業界への転職は止めておくが吉かも….

 

メンタルを強くし、円滑に業務を進めるためには

IT業界が求めるメンタルを知ってもなお、あなたはIT業界へ転職をしたいでしょうか?

 

“したい!”

 

という強い思いを持っている方は以下の方法を試してメンタル向上に努めてみましょう

 

その1:職場の人とコミュニケーションを取る

あなたは日ごろ職場の方とコミュニケーションを取っていますか?

コミュニケーションは本当に大切です。

良い人間関係を築いておくことでメンタルへの負担は相当に軽くなります。

軽口や冗談を言い合える方を増やしたり、相談できる人を増やしたりした方が楽だと感じませんか?

一人で抱え込んでいてはその負担は大きくなるばかりですよ。

 

その2:メンタルを自主トレーニングで鍛える

あなたは日ごろ自分のメンタルを鍛えるために何を行っているでしょうか?

考えてみて下さい。

最初からあなたはプログラムが書けたわけではありません。

学んで、書いてを繰り返して書けるようになったのではないでしょうか?

メンタルもスキルのひとつとして捉えて鍛えることができます。

 

メンタルの鍛え方を以下リンクの内容を引用し紹介してきます。

1日3分でメンタルを強くする方法ベスト3

 

1位:支えになる言葉や音楽を持つ

2位:感度を下げるトレーニングをする

3位:自分のメンタルをノートに書き込む

 

上記3つの方法を私なりにまとめると

“自分の状況を客観視できるか”ということではないでしょうか?

例えるなら自分に起こる出来事を映画としてみるような感覚です。

第三者として自分を見るという感覚を日々訓練し、メンタルを向上させていきましょう!

 

最後に

ITを通して困っている方々のお役に立つために、己のメンタルを向上させたいと願うそこのあなた。

 

スフィアネットがぴったりの舞台かもしれませんよ。

 

我々は顧客のために自分を変えようとするあなたのような方に見合う環境を用意しています。

「ムダな業務で疲弊中の中小企業へ」業務フローのシステム化を通して生産性向上というITシステムがもたらす時間という「価値」をお届けするミッションを掲げています。

このミッションに少しでも共感した方は以下画像をクリックして何でもよいので問い合わせ下さい!